新型フォレスターの予約が始まって、相当な販売台数が期待される新型フォレスターですが、いざ乗るとなると今後の維持費も計算していかなきゃいけないですよね?

新型フォレスターにはハイブリットが導入されますが、ハイブリットの車検代はガソリンモデルと違うのか?

その辺気になりますよね??そこで、今回は今後新型フォレスターを購入してもちゃんと維持費も計算して安心して乗りこなしていく為に車検について調べていきます!


スポンサーリンク



フォレスターの車検法定費用はいくら?

フォレスターでなくてもそもそも車検は通さなくてはいけません。

車検費用は自動車重量税自賠責保険料印紙代の法定費用がベースとなります。

あとは業者に車検を依頼すれば手数料がかかります。

エンジントラブルや部品交換が必要であれば部品代もかかってきます。

車検を自分で行うユーザー車検、あるいは友達が自動車関係の仕事等で、部品交換がいらない場合は法定費用のみで済む場合もあります。

まず法定費用部分の自動車重量税自賠責保険料に加えて、その中でも重要な部分である任意保険について、さらに印紙代・車検基本料を調べました!

自動車重量税

フォレスターの車両重量は、現行のものでだいたい1460〜1610kgとなっています。

一般的に車両重量税はエコカー減税対象なら1年あたり7500円か1万円に、対象外なら1.23万円か1.64万円になります。

しかし、フォレスター新型のAdvanceはそれを上回る減税できます。

引用:スバル公式ホームページ

ハイブリッドであるAdvanceは上記のようにエコカー減税優遇が約7万もお得になっています。

もともとの現行であるガソリンモデルも良いですが、今後の維持費を考えるならハイブリッドタイプがおすすめなのは一目瞭然ですね!

自賠責保険料

保険には加入が必須となる自賠責保険と、任意保険があります。

自賠責保険料は加入が必須の保険です。自賠責保険に加入しないで運転すると、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下されます。

一般的に新車購入時には加入するものなので、無視する方はいないと思いますが、一応説明させていただきました。

自賠責保険の保険料は、新車購入に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。

1年あたりにすると1〜3年目は13,040円、4年目以降は 13,920円となります。

自賠責保険だけで良いのでは??と思う方もいらっしゃると思いますが、自賠責保険の保険内容には制限があります。

引用:https://www.bang.co.jp/cont/about-car-insurance/

そこで制限以外の物損の為に任意保険に加入をすることをおすすめします。

任意保険

「自賠責保険」の補償は、相手の身体に関する損害にしか適用されません。

しかし、自動車事故では、相手の車や民家の塀を壊してしまうこともありますし、自分がケガを負ったり、最悪の場合、死亡してしまうこともありますよね?

また、重大な人身事故を起こしてしまうと、相手方への賠償金が多額に上るケースがあり、自賠責保険の補償上限額を大きくオーバーしてしまうことも多いのが現実に存在します。

そこで「任意保険」は、自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。

主な保証内容

  • 対人賠償保険(相手方への補償)
  • 対物賠償保険(相手方への補償)
  • 人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償)
  • 搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償)
  • 無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償)
  • 自損事故保険(自分・搭乗者への補償)
  • 車両保険(車への補償)

任意保険については年齢制限や保障内容などにもよるのですが、平均的には年間約6.5万円ほどとなっています。

印紙代、車検基本料

印紙代は(印紙400円+証紙1,400円)で1800円です。

車検基本料は車検を受けるために必要な点検・整備を行うための費用です。

ユーザー車検を行うか、整備工場やディーラーで行うかによって費用は異なります。また、車の状態によってエンジンオイルや油脂類、ブレーキパッド等の交換が必要になった場合は別途追加費用となります。

車検は国が定める一定期間ごとの検査ですが、自動車の使用者にはそれとは別に自動車の用途に合わせて一定期間ごとに点検をする義務があります。

車検基本料は、どこに頼むか?でかなり差があります。

場所によって異なりますが、2万〜10万の費用の差が出ます。

そこで車検費用の相場をディーラー比較して見ましょう。


スポンサーリンク




フォレスター車検費用の相場は?ディーラーと比較!

上記内容の法定費用は国が定める費用ですので、どの車でもどの車種でも発生してしまう金額です。

しかし、車検基本料はディーラーや他の業者でかなりの費用の差があります。

しっかり覚えて損が無いようしましょう!

 

 

 

ディーラー車検  法定費用+4万円~10万円程
車検専門フランチャイズ車検 法定費用+2.5万円~8万円程
民間整備工場車検  

法定費用+2.5万円~8万円程

 

カー用品専門店車検  

法定費用+2万円~6万円程

 

ガソリンスタンド車検 法定費用+2万円~6万円程
ユーザー車検 法定費用のみ
車検代行  

法定費用+1万円~3万円程

 

 

一般的にはディーラー車検は車検費用が高くなっています。

じゃあ、「安い別のところに頼もうかなぁ・・」

もちろんその考え方もありです。

しかし、昨今は販売元各社は独自システムを導入しています。

フォレスターであれば、「アイサイト」「ボクサーエンジン」「リニアトロニック」です。

今後導入される、ハイブリッドもそうです。

このシステムの詳細はスバルしかわからないのが事実です。

車自体の構造や部品などはベースが同じだとしてもこういった内容はディーラーに任せた方が無難だと言えます。

金額を抑えたい方は、上記内容のユーザー車検が一番安く上がります。


スポンサーリンク




フォレスター車検相場とディーラー比較まとめ

いかがだったでしょうか?

フォレスターに限らず、車検に関しては全ての車の義務ですので受けないと罰せられてしまいます。

でも、賢く車検を受ければ費用を浮かすことも可能なんです^^

しかし、費用を浮かして良い場合と悪い場合もあります。独自システムが調子悪い等がある場合は各ディーラー等で見てもらうことをオススメします。

かっこいい新型フォレスターを乗り回したい!!

 

新型フォレスターAdvanceに乗りたい!!

 

ドライバーの顔を認識、安全運転を見守る先進機能の「ドライバーモニタリングシステム」安全性をより高める先進装備に加えて、新感覚の走りをもたらす「e-BOXER」搭載モデルのあのAdvanceが良い!!

 

皆さんそう思いませんか?

 

 

でも買うとなると・・・

 

「新型フォレスターは中々手が出ない・・」

「ローン払いをなるべく少なくしたい…」

「値引きがうまくできる自信がない・・・」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「しかもディーラーにグイグイこられるのがイヤ…」

「やっぱり”一番安く”手に入れたい…」

「最新のフォレスターSUV手に入れたい!!」

「アイサイトを体験したい!!」

 

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際私も経験しましたが、嫁に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで「乗れればいいでしょ。」の一言のみ・・

 

「チクショー!!違うんだよ!!乗れれば良いわけないだろ!

乗り心地やラグジュアリーな気分が車には必要なんだ!!」

 

と言いたいけど言えず・・・

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

 

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。