車中泊をするにあたってまず気になるのが、ズバリ!車内環境です。

ホテルのようなふかふかなベットまでは望まないにしても、快適かつ心地良い空間で十分な睡眠を取りたいですよね?

ここでは、フォレスター車中泊を快適に過ごす為にかかせない便利グッズをご紹介しましょう!


スポンサーリンク

フォレスター車中泊を快適に過ごせない段差問題とは?

車中泊をするにあたってここは押さえておきたいというポイントがあるのはご存知でしょうか?

まず重要とされるのは、車内の広さです。

これはもっともと重要視される要となるポイントになります。

車中泊という言葉通り一夜をその空間で過ごすということと同時に、ホテルとは違い同じ姿勢で過ごすことを余儀なくされてしまいます。

そうなってくると、旅行者血栓症を引き起こしてしまう恐れがあります。

「エコノミー症候群」という響きの方が、耳にした人も多いのではないでしょうか。

これは、飛行機での長旅等でよく耳にする言葉だと思うのですが、同じ姿勢で長時間過ごすことによって発祥する疾患のことを言います。

同じ空間に同じ姿勢でいるだけでエコノミー症候群になってしまっては、せっかくの車中泊を楽しむことはできません。

その為にも、横になって寝返りが出来るくらい余裕なスペースを確保できるような車内の広さは、一番重要だと言ってもいいのではないでしょうか。

特に寝返りが激しい人ですと、寝て起きた後に体中あざだらけなんてこともあるかもしれません。

ホテルに泊まっておけば良かったなんて苦い思いをしないためにも伸び伸びと過ごせる空間の確保が必要となります。

その点では、フォレスターは車内の広さにおいては抜群に優れている車だと言えますね。

車内泊ではシートを倒すことによって荷室をフラットにするのが主流となっています。

引用:https://www.google.co.jp

フォレスターの2列目のシートを格納すると、長さ1.827mm、幅1.583mmの荷室が出現します。

身長が1.8mくらいの男性が足を伸ばして寝られるほどのスペースを確保することができます。

幅に関しても、大人二人が横並びできるくらいのスペースもあり、子供さんがいるご家族での車内泊にも安心です。

車内の広さに関してはフォレスターは問題なくクリアできるのですが、どうしても外せない気になるポイントがあるのです。

まずは、2列目のシートを格納することによって剥き出しになってしまうシートの凸凹の段差です。

車というのはもともと座る為に設計されているのであって、ホテルのようにふかふかのマットなどが用意されている訳ではありません。

ましてや、シートを格納することによってこの段差が出来てしまうのはしょうがないこと言えるでしょう。

しかし、車中泊も車を楽しむ上での醍醐味ですし、出来ることならその問題を解消して、快適な空間にしたいものですよね。

次に問題となってくるのは、2列目シートを格納することによってできてしまう約200mmの空間のことです。

そのままの状態で横になってしまうと、足がその空間にスポッと落ちてしまいます。

ましてや、その空間の方が逆の頭側だとすると、大変危険な状態で一夜を過ごすことになってしまいます。

また、子供さんがその空間に誤って入ってしまって怪我をしてしまうかもしれません。

200mmというちょっとした隙間かもしれませんが、快適かつ安全に過ごすためには見過ごせないものとなります。

この二つの外せないポイントを解消するものはないのでしょうか。

実は、とっておきの方法でこの問題を解決することができるのです!

 


スポンサーリンク




フォレスター車中泊専用マットで段差解消!

凸凹の段差を解消し、心地いい車中泊をするにあたっておすすめしたいのが、車中泊専用マットなんです。

ここでは特におすすめの商品をご紹介しましょう!

それが、OMLYSTILE(オンリースタイル)の車中泊専用マットです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

表面はサラサラした感触で柔らかいポリエステルを使用しています。

裏側はスウェード調ノンスリップ生地により、滑り止め効果もあり、寒い時期にも安心して使用できる素材となっています。

また、マット自体の重さを軽量化されています。

車中泊をするにあたって荷物が多いというのは非常にデメリットなことですよね。

できれば最小限で荷物を抑えたい。

でも持ってこればよかったなんて後悔もしたくない。

それを解消してくれるのがこのコンパクト仕様のマットなんです。

重さは3.2㎏で、収納時の直系は約20㎝となっております。

また、マットの厚さも約10cmあり、凸凹のシートの上で寝てるとは思えないくらいのフラット感があります。

もう少し薄く作ることでもっとコンパクトになり、持ち運びにも便利になりますが。

しかし、寝心地を追求するにあたって約10㎝という厚さを採用することにより、シートの段差を感じることのない心地の良い寝心地を実現できるようになりました。

また、二枚並べてお使いになる際には、マットの側面に付いている強力なマジックテープを使えば、誰でも簡単に連結が可能になります。

マジックテープの強度も高い水準になっているので、寝返りなどで外れたりなどの心配はありません。

狭い空間で寝ているなんてことを忘れて、安心してぐっすり夢の世界でお楽しみください!

それではここで、こちらのマットを実際に使ったドライバーさんの声を聞いてみましょう。

 

Aさん

思った以上にマットに張りがあって、シートの凸凹も気になりませんでした!下からの底冷えもなく、とても快適に過ごせました。

Bさん

柔らかくふわふわしていながらも、しっかりと支えてくれているのが実感できて、車で寝てるとは思えない!満足しています!

Cさん

想像以上に寝心地が良くて、肌触りも気持ちいいです!

Dさん

今まで運転席を倒して寝る車中泊をしていたので、このマットは厚くて弾力もあり、おかげで疲れることなく安心して寝ることができました!

私が感じていた車中泊のイメージは、痛い・眠れない・寝た心地がしないといったネガティブなものが多かったのですが、マット一つでここまで変われるなんてとても驚きでした。

何よりマットの厚さが十分な眠りに導くことがとても重要なポイントだと言えるでしょう。


スポンサーリンク




フォレスター車中泊グッズ

マットだけでなく、車中泊におすすめのグッズはたくさんありますので、ここでも少しだけご紹介しましょう。

サンシェード(車用日よけ)

引用:https://www.google.co.jp

車中泊では日中はもちろん、夜でも街頭や蛍光灯などの明かりによって眠れないこともあるかもしれません。

また、朝起きた際の太陽の光が眩しすぎて、せっかくの睡眠を妨げられてしまう原因になってしまいます。

朝の光は確かに気持ちいいですが、適度に浴びるのが一番ですよね。

そこで、サンシェードを設置することによって、光を浴びすぎることなく、快適な車内空間を実現することができます。

それに、外気温からの影響を防ぐ為にも効果的な方法と言えるでしょう。

USB充電式扇風機

引用:https://www.google.co.jp/

車内の気温や過ごしやすい温度を保つのも車内泊では重要になってきます。

特に寝る時などは、車のエンジンを完全に切る状態になるので、夏場は特に社内が蒸し風呂のようになってしまう可能性があります。

そんな時こそ手軽に持ち運べる扇風機が心地の良い環境を整えてくれるでしょう。

USB式なので充電を手軽に出来ますし、車内の空気の入れ替え等にも便利です。

モバイルバッテリー

引用:https://www.google.co.jp/

車内泊に限ったことではないですが、旅行をする上で必要になってくるのが、今では一人一個持っているほどの需要性の高いモバイルバッテリーです。

先程のUSB式の扇風機にも使えますし、何かトラブルがあった時にスマホの充電が切れて連絡が出来なくなるという心配もありません。

他にも、就寝中などに便利なアイマスクや車外の音をシャットアウトしてくれる耳栓、冬などには必要不可欠な電気毛布など様々なグッズがあります。

私は夏は特にですが、紫外線が気になってしまうので、車中泊をする際はサンシェードを持参して、なるべく太陽の光から肌を守りたいと思いました。

快適な車内環境の為にも、是非ともこれらのグッズをお試しいただきたいですね。


スポンサーリンク


フォレスター車中泊まとめ

いかがでしたか?

車中泊はホテルのチェックインなどの時間に囚われることなく、車を移動手段だけでなく宿泊手段として使える有意義な方法だと思います。

車内は狭いとか、凸凹してて眠れないとか、そういうネガティブな面を一層してくれるグッズがたくさん出ています。

それはきっと、日頃お仕事を頑張っているお父さんや、家事に忙しいお母さんが家族皆で過ごせる貴重な休日を、一秒でも長く心地の良い時間の中で一緒にいたいという願望の表れかもしれません。

そういう時間の手助けになるグッズがご紹介できたのではないでしょうか。

車内という同じ空間で、しかも近い距離で一緒に寝れるというのも車内泊の醍醐味だと思います。

次のお休みは家族みんなで車内泊してみませんか?

きっと、有意義で素敵な思い出となる時間になること間違いなしです!

かっこいい新型フォレスターを乗り回したい!!

 

新型フォレスターAdvanceに乗りたい!!

 

ドライバーの顔を認識、安全運転を見守る先進機能の「ドライバーモニタリングシステム」安全性をより高める先進装備に加えて、新感覚の走りをもたらす「e-BOXER」搭載モデルのあのAdvanceが良い!!

 

皆さんそう思いませんか?

 

 

でも買うとなると・・・

 

「新型フォレスターは中々手が出ない・・」

「ローン払いをなるべく少なくしたい…」

「値引きがうまくできる自信がない・・・」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「しかもディーラーにグイグイこられるのがイヤ…」

「やっぱり”一番安く”手に入れたい…」

「最新のフォレスターSUV手に入れたい!!」

「アイサイトを体験したい!!」

 

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際私も経験しましたが、嫁に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで「乗れればいいでしょ。」の一言のみ・・

 

「チクショー!!違うんだよ!!乗れれば良いわけないだろ!

乗り心地やラグジュアリーな気分が車には必要なんだ!!」

 

と言いたいけど言えず・・・

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

 

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。