SUBARUの人気車種であるフォレスター。

なめらかな乗り心地と抜群の走行性で評価の高いフォレスターですが、燃費はイマイチ・・・という声もあったいなかったりです。

実際のところ燃費はいいのでしょうか?

今回はフォレスターの実際の燃費や燃料計の表示の仕方や注意点などをご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

フォレスター実際の燃費を調べてみた!

提供:SUBARU公式HP

フォレスターにもたくさんグレードがあって何がいいのかわからないですよね。

今回は5年以上たっても人気がガタッと落ちることなく売れ続けているフォレスターについて、実燃費をご紹介していきます。

フォレスターの実燃費

本題となる実燃費についてご紹介していきます。

ちなみに、ネットを見る限り燃費に関しては賛否両論です。

【フォレスターの燃費】

〇街乗り:9~12㎞/L

〇高速道路:12~15㎞/L

〇空いている道路:12~15㎞/L

 

結果は上記のようになりました。

車両重量が比較的重いSUVですので、もう少し燃費が悪いかと思ったら以外と燃費は悪くない結果となりました。

10㎞/L以上でるというのは驚きでした。

高速道路や流れの良い道路では15㎞/L出るという結果もあり、満足している方も多いそうです。

 

他車種との燃費比較

車種 燃費
フォレスター 9~15km/L
エクストレイル 10~16km/L
CX-5 9~20km/L
ハリアー 11~17km/L

結果は上記のようになりました。

他社種のほうが低燃費なことが明白ですね。

最低値はそこまで大きな差はないものの、最高値はだいぶ違います。

CX-5はディーゼルだと高速道路で走った時の燃費が大きく伸び20km/Lという結果がでているようですね。

(ガソリンだと燃費は落ちる結果に)

また以外なことにハリアーがとても燃費がいいという結果になりました。

上記でボディサイズを比較したとき全体的に一番大きかったのがハイアーですので車両重量も重いため燃費は悪いのかと思っていたら、この結果で驚きました。

ハイブリット仕様じゃなくてもエコモードで丁寧に走れば結構低燃費なようです。

燃費に関して、SUBARUのフォレスターはあまりよくないという意見が多かったのは表の結果からもよくわかりましたね。

しかし、車両重量からみてもっと燃費は10km/L 以下なのかと思っていたのでそう考えると思っていた以上に悪いとは言えません。

ただ、他車種と比較してしまうとどうしても差は出てきてしまうところです。

ですがSUBARUのこだわりである、乗り心地や走行性を評価対象に加えてしまうとフォレスターも負けず劣らず、とても魅力に溢れた車ですね。

 


スポンサーリンク




フォレスター、ターボエンジンでも低燃費?

提供:SUBARU公式HP

では続いて、ターボエンジンは低燃費なのでしょうか?

実際の燃費をご紹介していきます。

今回ご紹介するのはフォレスターの「2.0XT eyesight」での結果になります。

ちなみにフォレスターXTは、SUBARU車のなかでも最も安いDITエンジン搭載モデルとして注目を集めています。

では、SUBARUフォレスターの2.0XTeyesightとライバル車の実燃費を比較してみましょう。

ライバル車種と実燃費比較

フォレスター2.0XTeyesight エクストレイル
エンジン 2Lガソリンターボ 20X エマージェンシーブレーキパッケージ
駆動方式 4WD 4WD
カタログ燃費(JC08モード) 13.2km/L 15.6km/L
高速道路 (実燃費) 14.4km/L 15.4km/L
郊外路 (実燃費) 11.6km/L 12.7km/L
街乗り(市街地 実燃費) 8.7km/L 11.3km/L
総合平均(実燃費) 12.8km/L 12.8km/L

カタログ燃費(JC08モード)13.2km/L に対し、総合平均実燃料は12.8km/Lという結果になった。

 

テスト結果によると朝の通勤ラッシュの時に街乗り(市街地)で40kmほど走行したそうだが、燃費の結果は最悪でした。

走っては止まってを繰り返しているラッシュ時でこの結果になったのには一点致命的なことがありました。

それは、DITを搭載するターボモデルにはアイドリングストップ機能が備わっていないという事。

もし、アイドリングストップ機能が装備されていたらもっといい結果になっていたでしょう。

そして、ターボエンジンを味わうにはうってつけの高速道路での結果ですが、こちらはカタログ燃費よりも結果はよくなっています。

高速道路での走行を味わってしまうと、加速性など抜群に評価の高いフォレスターはやみつきになってしまうという方もいらっしゃいました。

全体的にエクストレイルよりも燃費は悪いものの、カタログ燃料から比較すると、フォレスターのカタログ燃料のほうが実燃料に近いことから、総合平均は同じという結果に驚きました。

ですので、どこを走行することが多いのかにもよりますが、結果的にエクストレイルと全体的に大きな差はないということが分かりました。

 


スポンサーリンク




フォレスター燃料計の表示の仕方や注意点

提供:SUBARU公式HP

現行フォレスターのマルチファンクションディスプレイには、瞬間燃費平均燃費航続可能距離

などの燃費情報が表示されます。

この表示によって自分がエコ運転をしているのかなどの確認ができます。

アクセルを踏み込んで走っていると瞬間燃料・平均燃料が悪くなり航続可能距離が短くなってしまうので随時更新されるデータを見ながら運転を見直しましょう。

そうすることにより、燃費を抑えた運転が可能となります。

また、SUBARU車の燃料計はガソリンを満タンに入れても、表示が満タンにならないなどの意見が多く寄せられていました。

1L の誤差はある程度どのメーターにもあるそうなので、許容範囲と言えるでしょう。

もし満タンに表示されない場合、お近くのSUBARU店舗に足を運んでみてください。

 

そして、最も注意して頂きたいのはエンプティランプが点灯した時です。

大体の車はエンプティランプが点灯しても、すぐに消えたりついたりと繰り返しているため、そろそろガソリン入れなくちゃっという合図にいている方が多いです。

しかし、フォレスター愛用者の口コミや評価を調べてみたところ、エンプティランプがついてから、消えることなく点灯し続けるそうなので、皆さん焦ってしまうようです。

先ほども言ったように1L の誤差などはあるものの、ガス欠になっては意味がないですよね。

ですので、エンプティランプを頼りにするのではなくつきそうだなと思うくらいの時に燃料を補給したほうが安心してドライブを楽しめるかと思います。

 


スポンサーリンク


フォレスター燃費まとめ

提供:SUBARU公式HP

今回はフォレスターの燃費についてご紹介してきました。

他社のSUVと比較するとどうしても燃費については引っかかってしまう方も多いかと思います。

しかし、車両重量に対しての燃費はよかったり、他社と比較したボディサイズ(特に幅)を見た時やターボエンジンの際の総合平均使用量などの結果から、トータルのメリットは大きいのではないでしょうか。

車選びの際、なにを重点において購入したいのかを明確にした上でフォレスターを検討して頂ければ、きっとフォレスターの魅力に気づくかと思います。

 

かっこいい新型フォレスターを乗り回したい!!

 

新型フォレスターAdvanceに乗りたい!!

 

ドライバーの顔を認識、安全運転を見守る先進機能の「ドライバーモニタリングシステム」安全性をより高める先進装備に加えて、新感覚の走りをもたらす「e-BOXER」搭載モデルのあのAdvanceが良い!!

 

皆さんそう思いませんか?

 

 

でも買うとなると・・・

 

「新型フォレスターは中々手が出ない・・」

「ローン払いをなるべく少なくしたい…」

「値引きがうまくできる自信がない・・・」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「しかもディーラーにグイグイこられるのがイヤ…」

「やっぱり”一番安く”手に入れたい…」

「最新のフォレスターSUV手に入れたい!!」

「アイサイトを体験したい!!」

 

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際私も経験しましたが、嫁に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで「乗れればいいでしょ。」の一言のみ・・

 

「チクショー!!違うんだよ!!乗れれば良いわけないだろ!

乗り心地やラグジュアリーな気分が車には必要なんだ!!」

 

と言いたいけど言えず・・・

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

 

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。