水平対向型ボクサーエンジンにターボ仕様のフォレスターxtですが、気になるのはやはり加速性、ターボ車ならではの燃費問題などが挙げられると思います。

今回はフォレスターxtに乗る人の口コミを参考に実際に加速や燃費、xtではハイオク仕様ですのでハイオク事情などにスポットを当てて行こうと思います。

 


スポンサーリンク

フォレスターxt加速はどう変わった?

まず、フォレスターxtの加速についての口コミを調べてみました。

Aさん

既婚、男性Aさんの口コミ

「FA20DITターボが欲しくてフォレスターを購入しました。CVTとの相性もよく、街乗りでは低速回転で周りをリード出来ます。峠の登りも回転上げずにバリバリ加速してくれて楽チン」

Bさん

未婚、男性Bさんの口コミ

「S#モードに選択後、アクセルを踏み込むと異様に加速します。ディーラーの話ですが、直線の加速ならBRZと同等かそれ以上。事故を未然に防いでくれるアイサイトもお気に入りのポイントですね」

Cさん

既婚、男性Cさんの口コミ

「申し分の無いスペックです。加速性はハンパないです。怖くて高回転では回すことはできません(笑)」

他の口コミも加速性に十分すぎるほど満足している内容でした。

低燃費モードでのIモードでも高速走行の合流時でもストレス無くスピードアップ出来、低燃費モードと感じさせないほどのパワーが出ると口コミがありました。

ボクサーエンジンの利点はカーブでの安定感とターボの力強い走りを両立したまさに走る為の車だと思いました。

18インチに変更されたアルミホイールでコーナリングの安定、通常グレード15インチのフロントディスクブレーキが17インチに、リアディスクブレーキも16インチに変更されしっかりブレーキング出来ます。

また、XTならではのSIーDRIVEにより3段階のモード切替が可能で、ハンドルにもスイッチが装着されていますので、クイックにモード移行できます。

特にS#モードに設定するとアクセルレスポンスが良くなり、キビキビした力強い走りが出来るのがポイントですね。

高速道路では、加速性の良さで気づけばもう100km!?ってこともしばしばです。

 


スポンサーリンク




フォレスターxtの加速性能は?馬力やトルクはすごい!?

フォレスターxt加速性能が気になるところですよね!!

フォレスター の馬力は280馬力あり、かなりパワーがあります。

1馬力は、“1秒間に”約75kgの物を1m動かすことのできる力”

ということは、280倍の力になります。

パワーがあるから加速するのか?と思う方もいるかもしれませんが、実はトルクもなければいけません。

トルクは、瞬発的に起こせる回転力のことです。この馬力とトルクが相違になければ加速はしないということです。そこで、馬力とトルクがどの程度フォレスター にあるかというと・・・

馬力:280ps  トルク:35.7kgf・m

ここでライバル他社と比べてどうなのか??気になりますよね??

車種 馬力 トルク
エクストレイル 147ps 21.1kgf・m
CXー5 190ps  45.9kgf・m

トルクに関しては、CXー5に及びませんが馬力に関しては、フォレスターの方がパワーがあることがわかると思います!

加速性能として、他社にひけをとらないスペックだと言えますね!


スポンサーリンク




フォレスターxtの燃費はどう?

次にフォレスターxtの燃費の口コミを調べてみました。

Dさん

既婚、男性Dさんの口コミ

「燃費はCVTの性能任せなので走る道の状況によって大きく違います。街乗りなら8キロ台。高速道路でオートクルーズの併用でアベレージは16キロ」

Eさん

既婚、男性Eさんの口コミ

「高速道路では12~14キロ台、街乗りは7~9キロ程度です。ハイオクのガソリンをグングン消費してバリバリ走ります(笑)」

ターボ車で燃費は悪いと思われがちですが、実際はそんなに悪い結果では無かったです。

まず、カタログ燃費(JC08モード)で13.2kmとなっています。

当然JC08モードですのでそれ以上の燃費が出るはずが無いと思いましたが、何と高速走行では16キロをたたき出したと言う結果も出ています。

中にはXTの高速走行で18キロをたたき出したツワモノもいらっしゃいます。

街乗りでしたら、7~9キロ台の口コミが多く他のターボ車と比べてもまだ燃費が良いと思われます。

高速走行の燃費を街乗りで近づけるのは難しいですが、ターボ車ならではの燃費運転もあります。

では、少しターボ車での燃費運転について触れてみましょう。

ターボ車は燃費が悪い?

ターボの本来の使われ方はエンジンのパワーアップを目的に使われていましたが、現在は小さいエンジンでも吸気をアップさせ、大きなエンジンと同等のパワーアップを出せるようにする為に使われています。

アクセルを踏んで行くと、吸気量が多くなり、ガソリン消費もその分多くなります。

ガソリン消費が大きくなると言うことは速さは増しますが、燃費は悪くなると言うことです。

つまり、アクセルを徐々に踏んで行った時と、思いっきり踏んだ状態では遥かに差が出ます。

ターボ車の燃費走行はいかにターボを回さずに走行するかが基本となります。

完全にターボを使わないのは無理ですのでなるべくターボも低回転で抑えるようにします。

その為、ブースト計をつけるのをおススメします。

ブースト計と言うとスポーツカーについているイメージがありますが、実は燃費走行に大いに活躍する代物です。

 

ブースト計とは?

まず、ターボの仕組みですが、アクセルを踏み込んで行くと、ターボのタービンが回転し、空気をエンジンに送り込みます。

その空気流入の圧力を見るのがブースト計です。

タービンが回ると言うことはエンジンに空気を送り込みますので気圧が上がります。

ブースト計で空気の圧力を見ることが出来る為、燃費運転の場合でしたらあまり圧力があがらないよう弱めのアクセルワークにすれば燃費も良くなります。


スポンサーリンク


フォレスターxtのハイオク事情

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

フォレスターxtはターボを搭載している為、推奨燃料はハイオクとされています。

XTのハイオク事情の口コミをまとめてみました。

Aさん

既婚、男性Fさんの口コミ

「ハイオクの為、燃料代を考えると少し憂鬱になるが、高速道路の合流やあおり運転の後続車が全然怖くないので安心感には代えれません」

Bさん

既婚、男性Gさんの口コミ

「主に買い物メインで利用しています。前回乗り換えた車の燃料代を考えると1.5倍近くまであがりますが何とも思いません」

どのフォレスターXTオーナーさんもそうですが、車の性能で選んで購入している為、ハイオク仕様でも全然問題は無いと言う口コミがほとんどです。

力強さ、安全面を考えるとよく作りこまれた車で、しかもリーズナブルな価格帯ですのでXTを選ぶ理由がよくわかります。

あと、ハイオクガソリンについて調べてみましたのでご覧ください。

ガソリンには消費税以外の税金が上乗せされている

消費税がかかるのは分かりますが、それ以外に税金が上乗せされています。

例えば1リッター150円の場合表にしてみましょう。

消費税 11円
ガソリン税

(本則税率)

29円
ガソリン税

(暫定税率)

25円
石油税 3円
本体価格 82円

とガソリン価格150円のうち68円も税金として上乗せされています。

あまりの税金の多さに驚かれる方もいるのではないでしょうか?

本体価格に輸送代もかかってしまう為、石油メーカーの貯蔵タンクから離れれば離れるほど本体価格はアップしていくと思われます。

 

ハイオクガソリンはどこでいれても一緒?

ハイオクガソリンは通常より高いですよね。色々な石油会社があり、個人のガソリンスタンドからチェーン店のガソリンスタンドもありますね。

値段が各それぞれ違うのですが、ハイオクガソリンはどこで入れても同じか調べてみました。

そもそもハイオクガソリンですが、添加剤が入っています。ベースのガソリンはどこも同じなのですが、各メーカーにより添加剤は違います。

そこで口コミなど調べてみると違いは確かにあるみたいです。

「A社のハイオクを入れると燃費が10%あがり、トルクも上がった」、「B社のハイオクを入れてから2回もエンジンブローした」など偶然はあると思いますが、違いは確かにあると思います。

私はいつも大手チェーン店のガソリンスタンドで入れていますが、旅先などで給油した際違いは確かにありました。

アクセルワークが少し鈍くなったり、最大は燃費が落ちたことです。

どこのガソリンスタンドが良いかは人それぞれですが、共通して言えることはチェーン店のガソリンスタンドを選び、ガソリンの販売回転サイクルがいいスタンドで入れるのがお勧めです。

石油会社の貯蔵タンクからガソリンスタンドに運ばれ、ガソリンスタンドの地下の貯蔵タンクに給油されます。

売れれば追加するの繰り返しなので、ハイオクガソリンの販売回転サイクルが長い店を選ぶと劣化したハイオクガソリンを入れる可能性がございます。

ガソリンも劣化していきますので新しい方がエンジンにも、燃費にも良いとされています。

 

フォレスターxt加速、評価まとめ

価格、パワー、安全性どれを取っても良いフォレスターXTですが、最大のネックはハイオク仕様と思っていましたが、口コミを見てみると満足している方がほとんどですので本当に良い車だと私は感じました。

他グレードでしたらレギュラーガソリン推奨ですが、ハイオク仕様となるとトータルコストもかかってしまう為、購入を躊躇う人も居るかと思います。

レギュラーだから誰が乗っても燃費がいいわけではなく、あくまでも運転方法により燃費は大きく左右されるのは確かです。

よって、ハイオクだからトータルコストが高いわけではなく、ハイオクならではの利点を生かし、低燃費運転を心がけるとトータルコストとしてレギュラーとあまり変わらなくなってきます。

少しの金額差で充実した装備が手に入るのであればかなりお得な車だと思います。

また、ハイオクガソリン事情も地域によって誤差は出ますので、お近くのガソリンスタンドで給油し比較してみてください。。

かっこいい新型フォレスターを乗り回したい!!

 

新型フォレスターAdvanceに乗りたい!!

 

ドライバーの顔を認識、安全運転を見守る先進機能の「ドライバーモニタリングシステム」安全性をより高める先進装備に加えて、新感覚の走りをもたらす「e-BOXER」搭載モデルのあのAdvanceが良い!!

 

皆さんそう思いませんか?

 

 

でも買うとなると・・・

 

「新型フォレスターは中々手が出ない・・」

「ローン払いをなるべく少なくしたい…」

「値引きがうまくできる自信がない・・・」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「しかもディーラーにグイグイこられるのがイヤ…」

「やっぱり”一番安く”手に入れたい…」

「最新のフォレスターSUV手に入れたい!!」

「アイサイトを体験したい!!」

 

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際私も経験しましたが、嫁に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで「乗れればいいでしょ。」の一言のみ・・

 

「チクショー!!違うんだよ!!乗れれば良いわけないだろ!

乗り心地やラグジュアリーな気分が車には必要なんだ!!」

 

と言いたいけど言えず・・・

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

 

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。