スバルが2002年に発売したフォレスター2.0xt

モデルチェンジを経て2017年にはフォレスター2.0xtアイサイトが登場しました。

グレードxtはターボエンジン搭載ということから人気が集まり、現在も所持している方は多いのではないでしょうか。

多くの人に人気の車であれば、周りとどこかで差をつけたいですよね。

そこで、今回はフォレスターxtのおすすめカスタムと、カスタムの際に役立つタイヤサイズを紹介します。


スポンサーリンク

フォレスターxtのおすすめカスタム紹介

引用:https://www.subaru.jp/

車のカスタムには大きく分けて2種類あります。

1つが機能面でのカスタムです。

これはシートを取り換えて乗り心地をよくしたり、エンジンを改造してスピードを速くしたりと車の機能を上げるカスタム法です。

機能面では走る場面を想定してカスタムすることが快適な走行につながるので、場面にあったパーツをそろえてくださいね

2つめが見た目の面のカスタムです。

車高の調節をしたり、ホイールをかっこいい見た目に変えたりと車を自分の思い通りのデザインにするカスタム法です。

車のカスタムと聞いて思い浮かべるのはこちらのほうが多いのではないでしょうか。

カスタムにはファッションと同様に流行り廃りがあります。

今回は流行りに関係なくできる定番のカスタムと2018年に流行っているカスタムをそれぞれ紹介します。

まずは流行に関係なく行える、定番のカスタムを紹介します。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/sti/

まず、タイヤのホイール交換です。

ホイールは変更すると見た目がガラッと変わるのでカスタムはとりあえずホイールから、という方も多いのではないでしょうか。

タイヤホイールにはスチールとアルミがありますが、今回は人気のあるアルミホイールについて紹介します。

アルミホイールはスチールホイールと違い、加工が容易であるのでデザインが豊富です。

ホイールのデザインで自車を目立たせたいとなればアルミホイールをつけてみることをおすすめします。

ただ、ホイールの強度は安全性に関わりますので粗悪なものを選ぶと危険です。

その点にさえ注意すれば自分好みのかっこいい車を走らせることができるでしょう。

次が車高の調製です。

車高調と呼ばれるパーツを取り付けることで一定の範囲内であれば車高を

上げ下げすることが可能です。

車高調を取り付ける目的は主に見た目を良くすることが挙げられますが、走りやすさを追求するという目的もあります。

重心を下げることでコーナリングが安定したり、空気抵抗を減らすことで高速走行が安定したりというメリットのもと車高を下げるという選択をする人も多いです。

下げすぎると車体下部を路上の物や地面にぶつけてしまいパーツの破損が起こることがあるので下げるときにはそのことを計算に入れて行いましょう。

最後に紹介する定番のカスタムはマフラーです。

マフラーの交換は見た目を変化させる、音を変化させる、高機能にするという様々な目的で行われます。

見た目は、例えば管が2本の物や楕円形の物など様々な形状のものがあるので見た目にこだわる人も満足するマフラーが見つかることでしょう。

マフラーを変更するとサウンドも異なってきます。

各メーカーのウェブサイトや動画サイトでもサウンドを聞くことができますので理想の音を見つけて交換することができます。

ぜひ活用してみてください。

そして、そもそもマフラーは排気ガスの有毒物質を無害化したり、排気ガスの排気音を抑制したりと大切な役割があります。

その性能をパワーアップするために交換することは環境に優しくなるのでエコドライブを心掛けている人はマフラーもチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、マフラーは素材を選ぶことができ、さびにくくなるステンレス製や軽量・高強度のチタン製に変え実用性を高めることも可能です。

それでは今はやりのカスタムを紹介します。

2018年にはエアロパーツをカスタムするのが流行っています。

中でも今の流行りは内巻きエアロとハーフエアロです。

内巻きエアロは読んで字のごとくエアロが車体の内側に入り込んでいるように見えるパーツです。

裾広がりになっている外巻きエアロと比較すると次のようなメリットがあります。

外巻きエアロでは段差などで擦ってエアロを破損する危険性があります。

内巻きエアロは外巻きエアロより破損の危険が低いので好まれています。

また、内巻きエアロはシンプルな見た目になっているのでさりげないカスタムをするときに選ばれています。

ハーフエアロは純正パーツが多いので、純正のデザインを崩さずにカスタムすることができます。

ですから、派手なカスタムを好まない方や、カスタムは初めてだからあまり純正から崩さないようにしたいという方におすすめするパーツです。

ハーフエアロはフルエアロよりも安く、取り付けが簡単なことも流行っている理由の1つでしょう。

定番のホイール交換にも流行りがあります。

現在はシンプルなブラック、ホワイトなどのホイールに並んで赤や青などのカラーホイールが流行しています。

カラーホイールは車体の色に合わせると統一感があります。

一方、車体の色と全く別のカラーホイールを使うとアクセントとなり目立たせることもできます。

 


スポンサーリンク




フォレスターxtタイヤ(ホイール)サイズは??

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/exterior/

ホイールサイズはフォレスターのモデル、年式によって微妙に異なります。

例えば4WD2.0XTアイサイトスマートエディション・CVT(2017年式)のタイヤサイズは標準装着で次のようになっています。

フロントタイヤ…リム径18、インチオフセット+48mm、リム幅7、タイヤサイズ225/55R18

リヤタイヤ…リム径18、インチオフセット+48mm、リム幅7、タイヤサイズ225/55R18

しかし、フォレスター 4WD2.0XT5MT(2011年式)ではタイヤサイズが標準装備で次のようになっています。

フロントタイヤ…リム径17、インチオフセット+48mm、リム幅7、タイヤサイズ225/55R17

リヤタイヤ…リム径17、インチオフセット+48mm、リム幅7、タイヤサイズ225/55R17

同じフォレスターという車種でも主にリム径が異なります。

わずかな差ですが装着できるタイヤが異なるのでタイヤを交換する際にはタイヤサイズのチェックを忘れないようにしてくださいね。


スポンサーリンク




フォレスターxt値引き事情

一般的な話として、年度末で決算期と呼ばれる13月、ボーナス期の67月、8月中旬から9月末までの中間決済気、12月のボーナス期・年末商戦時期に自動車全般の値引き額が大きくなります。

中でも3月の決算期終了前に大きく値下げをする、ということを頭に置いておくとお得に買うことができるかもしれません。

フォレスターxtは車両価格から1030万円ほど、オプションの値段からも15

30万円ほど値引きしてもらうことが可能です。

また、車を乗り換えるのであれば値引き交渉で重要なのは下取り価格です。

現在はインターネットでも自車の下取り価格か確認できる時代ですので、ディーラーに下取りしてもらう前にあらかじめおおよその下取り価格を知っておくと損せずに下取りしてもらうことができます。

下取り交渉も優位に進めることができるでしょう。


スポンサーリンク


フォレスターxtのカスタムまとめ

今回はフォレスターxtのカスタム、タイヤサイズ、値引き事情について紹介してきました。

様々なカスタムを紹介しましたが、カスタムをする際には車検に通るかどうかも念頭に入れて行ってください。

せっかく愛車をカスタムしたのに乗れないなんてことになったら悲しいですからね。

カスタムパーツだけでなく、タイヤサイズや値引きについてもぜひ役立ててみてください。

かっこいい新型フォレスターを乗り回したい!!

 

新型フォレスターAdvanceに乗りたい!!

 

ドライバーの顔を認識、安全運転を見守る先進機能の「ドライバーモニタリングシステム」安全性をより高める先進装備に加えて、新感覚の走りをもたらす「e-BOXER」搭載モデルのあのAdvanceが良い!!

 

皆さんそう思いませんか?

 

 

でも買うとなると・・・

 

「新型フォレスターは中々手が出ない・・」

「ローン払いをなるべく少なくしたい…」

「値引きがうまくできる自信がない・・・」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「しかもディーラーにグイグイこられるのがイヤ…」

「やっぱり”一番安く”手に入れたい…」

「最新のフォレスターSUV手に入れたい!!」

「アイサイトを体験したい!!」

 

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際私も経験しましたが、嫁に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで「乗れればいいでしょ。」の一言のみ・・

 

「チクショー!!違うんだよ!!乗れれば良いわけないだろ!

乗り心地やラグジュアリーな気分が車には必要なんだ!!」

 

と言いたいけど言えず・・・

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

 

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。